年中無休@東武練馬駅北口徒歩3分

こどもおとな歯科

治療メニュー【歯周病】

歯周病の発生要因、進行度

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、毒素を出して歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう病気です。

歯周病は痛みがなく進行し、放置していても治ることはありません。歯周病になると歯がグラグラして、歯茎から膿が出てきます。

放置し続けると歯が抜け落ちてしまいます。歯を失う多くの原因がこの歯周病となっています。

歯周病と全身の病気

歯周病が怖い点は、歯周病は口腔内にとどまらず全身疾患にも影響を与えます。

歯周病が影響を与える代表的なものに心臓病や糖尿病などがあります。

歯周病になると、お口の中で発生した歯周病菌が全身を駆け巡り、全身疾患をどんどん悪化させます。

日々の生活習慣を見直して、歯周病を予防することが全身の生活習慣病の予防にもなります。

歯科医院での定期健診を受けて、しっかりとケアをしていくことをお勧めしています。

TOPに戻る

投稿日: