メニュー

院長ブログ

こどもの前歯がすきっ歯!?(2022.08.03更新)

お子様の乳歯が永久歯に生え変わって行く頃、
「前歯がすきっ歯なんです!」
と心配されてご相談にいらっしゃる親御さん、よく居ります。

これは、アグリー・ダックリング・ステージ(ugly duckling stage)
別名「みにくいアヒルの子時期」とも言う、一時的な歯間空隙(すきっ歯)です。

今まで小さい子供の歯(乳歯)の大きさに合わせたスペースで並んでいた歯達ですが、それより大きな大人の歯(永久歯)に生え変わって行く過程で、おとなの歯の分のスペースを作りながら生えてくる為にできるので、正常な歯列となります。
永久歯が生え揃っていくに従って、この隙間は無くなっていきますので、ご安心ください。

しかしながら、あまりにもそのスペース(空隙)が大きい場合には、前歯と前歯の真ん中(正中)に余分な歯(過剰歯)がある可能性があります。

このような場合には、早期にその過剰歯を抜く事によって、隙間が小さくなる可能性があります。
ですが、抜歯しても変化がないようでしたら、その際には歯科矯正治療が必要となります。

当院には、矯正歯科専門医が在籍しており 随時、無料の矯正相談を承っております!

もちろん小児歯科の分野も担当しておりますので、お子様のすきっ歯は「醜いアヒルの子時期」かな?それとも…?
なんて不安な方、それ以外にも何か心配事がある方、一度歯並びを診てもらいたい!という方も、お気軽に当院スタッフにお声掛けください!

また、最近話題の目立たない歯科矯正、マウスピース矯正(インビザライン)にご興味がある方も大歓迎です。

当スタッフ一同、ご来院・お問い合わせをお待ちしております。

こどもおとな歯科

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME