メニュー

根管治療

限りなく高い精度にこだわった
安心・安全の根管治療をご提供いたしております

根管治療(歯の神経、根の治療)は、歯科医療全般に置いても非常に難度の高い分野となります。

一昔前では医師の経験に基づいた勘のようなものに頼らざるを得ない部分が多分にありましたが、昨今では医療の進化とともにさらなる高い精度での成果が求められるようになってきました。

当院においても歯科用CTとマイクロスコープを治療に用いており、限りなく精度の高い治療内容の実現に努めております。

「痛い」「怖い」といったイメージの強かった根管治療を根底から覆すような、快適かつ高い成功率にもこだわった安心・安全な治療をお約束いたします。

根管治療とは

歯の根っこの内部にある歯髄には、重要な神経や血管が無数に詰まっています。

一本一本が1mmにも満たないミクロな細さで複雑に絡みあっており、その形状も人によってさまざまに異なっています。

根管治療は、まさにその歯の命とも言える繊細な部分に直接的に触れる重要な治療となります。

むし歯や歯周病の進行によって汚染されてしまった神経や血管をひとつひとつ丁寧に取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒するといった緻密な作業が要求されます。

治療部位に専用の薬剤を隙間なく充填させるなどといった一連の流れを総称し「根管治療」と呼んでいます。

根管治療の重要性

根管治療はまさに歯の寿命を直接的に左右する重要な治療となります。

少しでも内部に細菌を残してしまうと再発を招く恐れがあるため、非常に精度の高い徹底した緻密な作業が求められます。

治療に特化した専用医療機器を導入することや、専門性の高い経験豊富な歯科医師を有することが不可欠となります。

当院では根管治療に長年携わり、膨大な治療実績を誇る歯科医師が治療を行っております。

さらには歯科用CTやマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)などの専用機器を有しているため、高い精度にこだわった治療を実現いたします。

最大40倍もの拡大視野を持つマイクロスコープによる精密治療

当院では最新のマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた根管治療を行っております。

細さ1mmにも満たない微小かつ無数の神経や血管が複雑に絡みあう根管部の治療は、肉眼で行うにも限界があります。

マイクロスコープは最大40倍もの拡大視野を叶えるため、治療精度と安全性も格段に高まります。

治療の成功率としてもマイクロスコープを用いたほうが明らかに高く、再発リスクも軽減されるというエビデンス(科学的根拠)が報告されています。

歯へのダメージを最小限に抑えた緻密な治療を実現するだけでなく、異常の早期発見などさまざまな場面において多くのメリットが期待されます。

操作性も高く、難症例と呼ばれるケースにも幅広く対応いたしております。

根管治療が必要となる例

根管治療が必要となる代表的なケースとしては、

  • むし歯が歯髄(歯の神経)まで達してしまった
  • 歯の根がなんらかの病気になってしまった
  • 歯髄炎(神経の炎症)が引き起こされ、ひどい痛みを感じている
  • 歯の根が細菌感染を起こし膿が溜まっている(根尖性歯周炎)

などが挙げられます。

いずれも神経部に直接的なダメージを与える状態となるため痛みを強く感じる場合が多いです。

炎症をそのまま放置するといずれ歯髄が死に絶え、痛みを感じなくなる上に血液が行き渡らなくなります。

免疫機能も弱まり、さらに根管内で細菌増殖が加速することによって痛みや違和感を生じる部位が拡大する危険があります。

痛みを最小限に抑える工夫

当院では治療の際の痛みを最小限に抑える工夫として、最新のニッケルチタンを用いています。

ニッケルチタンは非常に柔軟性に富んだ金属素材です。
しなやかに曲がる性質は、細やかに複雑な形状をした根管内部の治療に適しています。

神経を取る処置(抜髄)の場合には麻酔を使用しますが、多くの根管治療の事例においてはこのニッケルチタンを用いることで治療時の痛みを軽減して行うことができます。

最高水準の滅菌環境を整えております

当院では感染予防における滅菌環境の維持管理にも力を入れて取り組んでおります。特に根管治療はわずかな細菌の流入によっても再発リスクが高まります。

より安心・安全に治療を行える環境を整えることは当然の責務である上、治療の成功率にも直接的にかかわります。

さらに当院では治療中、感染防止に有効なラバーダム(治療専用のゴムシート)を使用するなど、感染症防止策には万全の態勢で挑んでいます。

丁寧な説明で満足度の高い治療に努めております

根管治療は非常に複雑で内容も難しい治療となります。

それゆえ患者さんご自身が今何をされているのかをしっかりとご理解いただくことも、当院では重要視させていただいております。

極力むずかしい専門用語は使わずにわかりやすく丁寧にご説明させていただきますので、ご不安なことやご質問等ございましたら遠慮なくお声がけください。

高い専門性を有する歯科医師が治療にあたります

根管治療は歯科治療全体をみても非常に難度の高い治療となります。

当院の根管治療を専門に担当する歯科医師は日本歯内療法学会に所属しており、日々最先端の知識や技術をブラッシュアップいたしております。

詳しい内容はこちら

過去の膨大な治療実績からさらなる精度の高い治療を実現します

当院では過去の治療実績より集めた膨大なデータを保有しており、日々その分析にも力を入れて取り組んでおります。

十分な分析を踏まえた上で実際の治療にあたらせていただいているため、パターンや症状を熟知したさらなる精度の高い治療内容のご提供に努めております。

治療の流れ

診査・診断に関わる部分を特に重視した診療を心がけております。
実際の治療の流れとしては大きく分けて以下の2パターンが主となります。

歯髄など根管神経に治療が必要と判断された場合

むし歯や重度の歯周病による炎症は、歯髄に付随する無数の神経の除去や治療が必要となります。

ご本人にとってはズキズキとした強い痛みを伴う場合も多いため、神経そのものを除去(抜髄)するべきか、何らかの手段を用いて残す方法があるかどうかを正しく見極める必要があります。

治療後、数年経過した後にさらなる病気が発生する場合

感染した根管内を無菌化した処置(感染根管処置)を過去に受けられた方が、数年後に再発を引き起こされた場合には再度専用の治療薬を入れ直す処置が必要となります。

それでも異常がみられる場合には、根尖切除と呼ばれる外科的手術などに移行します

当院では根管治療に必要となる高度な医療機器を豊富に取り揃えております

歯科用CT

根管内にある無数の神経や血管による複雑な構造の把握をはじめ、歯の薄さなどを三次元的にさまざまな角度から精緻に診断することができます。

治療にあたってのさまざまなアプローチ法を探るための必須データとなるだけでなく、重大な見逃しを防ぐためにも非常に有効です。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

肉眼の最大40倍にものぼる拡大率を実現することで、わずかな隙間の有無や歯の割れなどを精緻に見つけ出すことができます。

削らなければならない部分も最小限にできることで治療回数の短縮にも大きな役割を果たしています。

感染防止のためのゴムマスクの着用(ラバーダム)

歯の命とも言える根管部の治療を行うにあたっては特に厳重な感染対策が必要となりますが、口腔内は細菌を含んだ唾液に常に晒された劣悪な環境です。

当院ではご希望に応じて感染防止のための専用ゴムマスク処置(ラバーダムシステム)を用いており、患部以外の露出を最小限に抑えたさらなる安全性を高めた治療を目指しております。

ラバーダムシステムを用いた治療は全国的にもみてもまだわずか数パーセント程度のクリニックでしか実施されておりません。

他院さんで断られたような難度の高い治療もぜひ当院へご相談ください

もともと極めて難しい内容を要求される根管治療ゆえ、専用の医療機器と安全に治療を行える歯科医師の両者が揃わなければ治療を正しく受けることも難しくなります。

そのため、現実的には抜歯という選択を安易に迫られるケースも多くあると耳にします。

他院さんで根管治療を断られてしまったような患者さんや、設備の整った専門医療機関での治療を勧められたような患者さんこそ、ぜひ当院で一人でも多く救うことができればと考えております。

実際に当院を探し当てて遠方からお越しいただいた患者さんの中にも、他院さんで神経を除去しなければならないと診断された方がいらっしゃいました。

しかし当院では神経をすべて残したまま健康な状態にまで回復することができました。
その他幅広い膨大な成功事例を有しておりますので、ぜひ一度ご相談にお越しいただければと思います。

当院の根管治療ではさらなる精度と結果にこだわった専門性の高い治療をご提供いたしております

その昔、根管治療(歯の神経、根の治療)は非常に難度の高い内容でありながら現場は長年の経験や勘に頼らざるを得ないような治療として有名でした。

現在もその難度は変わりませんが、技術革新も目まぐるしくより精度や結果をさらに重視される時代となってきております。

当院は根管治療に関しても専用の医療機器を豊富に取り揃えており、さらなる確実性を追求したさまざまな取り組みを行っております。

他院で治療を断られた方や長年にわたってお辛い症状を繰り返していらっしゃる方にこそ、ぜひ当院を頼っていただけましたら幸いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME